最新のDIAL Newsletterに掲載されていたTIPなのですが、試してみたのでご紹介します。



Curved rear wall


まず、曲線の補助ラインを作成します。



プロジェクトのタブから、【部屋1】のところにマウスをあわせ右クリックし、【部屋のジオメトリを編集】を選択します。



次に平面図のエリアにマウスをもっていき、最初に作成した曲線の補助ラインの上にマウスを置き右クリック。そこで、【多角形の補助ラインに従う】をクリック。



すると、補助線にそって部屋のジオメトリのポイントができます。



ただし、あまりにも数が多いのと、補助線の部分のみで閉じた部屋がつくられてしまうので、この後は自分で調整が必要です。



こんな感じになります。


もしかしたら、もっと便利につかえるのかもしれませんが、わかりましたらアップします。